認知症を予防する健康食品|含まれる成分を調べる

男女

いつまでも健康的な脳を

ドラッグ

認知症とは、脳細胞が壊れてしまい、日常生活に支障が出る症状のことを言います。この認知症を予防するためには、バランスのいい食事で脳細胞を再生するために必要な栄養を送り込んだり、脳細胞の機能低下を防ぐために脳のトレーニングを行ったりすることが効果的です。

Read More

効果的な対策の種類

メディシン

認知症予防に最も大切なことは、食事と運動と睡眠の習慣を改善することです。そして、空き時間には頭を使う訓練も怠らないようにしましょう。これらを実践することで健康面でも効果を発揮することは間違いないでしょう。

Read More

脳に効果のある栄養を

シニア男性

成分正しい知識を

高齢になると認知症になる不安が出てきます。認知症になりますと、周囲の人のサポートが必要になります。自分一人では生活する事が困難になります。ですので、誰もが認知症にはなりたくないと考えてます。そこで、認知症を予防する事をしっかり考える事が重要です。最も効果的な予防法は、効果のある栄養成分を含んだ食べ物や健康食品を摂取する事です。具体的には、DHA、レシチン、ビタミンC、コエンザイムQ10などです。これらの成分は、普段の職でも十分に摂取する事が出来ます。食事の時間を十分に取れない場合は、健康食品を使うようにしましょう。これらの成分は、血液中のコレステロールを下げて動脈硬化を防いだり、脳へ必要な栄養を供給してくれます。しっかり頭に入れておきましょう。

頭の体操も大事

認知症の予防には、効果のある栄養成分を摂取する以外にも、ちょっとした対処で効果を発揮できる事があります。それは頭の体操です。頭の体操を行う事で、脳の老化を防ぎます。その結果認知症の予防に繋がります。頭の体操といいましても、難しい問題を解く事ではありません。簡単な算数問題をひたすら続けるのです。足し算、引き算レベルで十分です。この頭の体操のポイントは問題を解くスピードです。出来るだけ早く算数問題を解けるように日々訓練していく事で、脳の老化を防ぐ事が出来るのです。その他にも字を読むという頭の体操もあります。毎日30分から1時間程度時間を作って、新聞や雑誌を読むようにしましょう。新聞や雑誌から新しい情報を得る事で、脳に刺激を与える事も出来ます。

仕事や趣味が重要です

夫妻

認知症は加齢に伴う病気ではありますが、予防することも可能です。仕事や趣味で忙しい人は発症する比率が低いので、高齢になっても仕事や趣味に熱中できることで、脳の劣化を抑制して認知症の発症を抑えることも可能です。

Read More